芸人

キンタローの子どもの顔がダウン症っぽい?DNA判定をした理由は?

キンタロー。さんが予想外の同居生活で実母にはできなかったおねだりを義母にできているとヤフーニュースに取り上げられて話題になっています。

キンタロー。さんは現在お子さんが一人いらっしゃいます。

その一人娘がダウン症なのか、顔がダウン症っぽいのか?についてまとめていきます。

また、DNA鑑定を出生前にした理由についても一緒にまとめていきます。

キンタロー。の子どもの顔がダウン症っぽい?

ダウン症って何?

原因: 21番目の染色体異常 
症状:
 筋肉の緊張低下・特徴的顔貌・成長障害など
発症率: 約700人に1人
特徴: 顔立ちが全体的に平坦な顔貌、厚い唇、大きな舌、つり上がった眼
引き起こしやすい合併症: 心臓の病気(心内膜欠損症など)、悪性腫瘍(白血病など)、消化器疾患(十二指腸閉鎖、鎖肛など)やその他、難聴、白内障、斜視といった感覚の障害、糖尿病、肥満といった内分泌の障害

 

キンタローの子どものかわいい顔画像!

こちらが、キンタロー。さんの子どもの娘さんです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

キンタロー。(@kintalo_)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

キンタロー。(@kintalo_)がシェアした投稿

ダウン症の子は、独特なお顔立ちが似ていて「ダウン症だ。」と見た目で分かりやすいと言われています。

生まれたたてで赤ちゃんらしいぷにぷにとした柔らかさがない時期なのか、確かにキンタロー。さんの子どもは独特な顔立ちをしていると思います。

しかし、キンタロー、の子どもは、ダウン症の人の顔立ちではないかな?と個人的に思いました。

キンタロー。さんは、出産時に子どもの頭が大きすぎて自然分娩から帝王切開に急遽変更したとのことなので、子どもの顔立ちや頭の大きさは、キンタロー。さんの遺伝から来ているものなのではないでしょうか?

 

 

キンタロー。がDNA判定をした理由は?

子どもがダウン症という疑惑の話が出た原因の一つは、キンタロー。が出生前にDNA判定をしたこともあると思います。

キンタロー。さんが出産した年齢は38歳で、高齢出産と言われる枠にはまっているのでダウン症や障害を持っている子供が生まれる確率が上がると言われています。

DNA検査を受けたのは子どもがダウン症だからではないかという噂が出たのです。

しかし、キンタロー。さんがDNA判定をしたのは高齢出産のために推奨されているダウン症スクリーニング検査を受けた可能性が高いと思われます。

妊娠20週より前にダウン症候群のスクリーニングを受けることが、年齢にかかわらず、すべての女性に推奨されています。

(引用:Medical Noteより)

 

現在(2020年)、医療の発達のおかげで出産前に障害の有無を調べることができるようになりましたが、いい面と悪い面があり賛否両論あることだと思います。

《メリット》

  • 障碍の有無を知り、出生前から障害に向き合える。(障碍受容)
  • 障碍や自分の子どもに対しての知識を事前に知れる。

《デメリット》

  • 障碍があるから子どもを下すという選択肢ができる
 

キンタロー。さんは、ブログやSNSでも障碍は発表されていないので、お子さんがダウン症という可能性は低いと思われます。

 

まとめ

今回は、

  • キンタロー。さんの子どもはダウン症なのか?
  • ダウン症って何?
  • キンタロー。さんがDNA判定を受けた理由は?

についてまとめていきました。

キンタロー。さんのくぁいいお子さんは、ダウン症ではないと思われました。

キンタロー。さんの遺伝で出産時に帝王切開になるほどの頭の大きさや、顔立ちになっているのだと思います。

これからのキンタロー。さんとお子さんの成長が楽しみですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。