レシピ

疲れた時に食べたい料理やドリンクを紹介!食材別の保存方法まとめ

1人暮らしなのに元気が出ない、動けない、、となると何もできなくなってしまいますよね。

一人暮らしで疲れている時や元気が出ない時に困るのは食事です。

優しい味のご飯が食べたいな、、、と思っても料理経験の少ない私は好きなものしか作ってこなかったので味の濃い料理のレパートリーしかありませんでした。

‶食べたくないけれど、元気になるために何か食べたい。”

‶少し回復してきた時におなかに優しいものを食べたい。”

今回は、そんな時に家にあるもので作れる簡単料理ドリンク食材の保存方法を紹介したいと思います。

疲れた時に食べたい料理『うどん』

うどん

前日暴飲暴食をして胃が荒れてしまった時など、胃に優しいものがいい時ありませんか?

回復してすぐにステーキや焼き肉は食べたくありません。

少しずつ食べる量を増やしたり、味の薄いものから濃いものへと変えていくと胃への負担も少なくしていくことができます。

そこで、私がお気に入りの卵あんかけうどんのレシピを紹介します。

《材料》

  • うどん     1玉
  • 卵       1個
  • ネギ      少量
  • 片栗粉     大さじ1
  • めんつゆ    125㏄
  • みりん     大さじ1
  • 水       500㏄

《作り方》

  1. 鍋1でうどんを茹でます。茹で上がったものは、器によそいます。
  2. 鍋2に、水、めんつゆ、みりんを入れて煮立たせます。
  3. 鍋2に片栗粉を少量の水で溶いたものを入れ、再び煮立たせます。
  4. 鍋2の火を止めて、溶いておいた卵を予熱で火を通していきます。

    完成!!

アレンジ

その時の気分によって野菜(白菜、ニンジン等)キノコ油揚げ鶏肉を入れるとボリュームが出てさらにおいしくなります。

生姜大根おろしを入れると優しくなり、少し刺激が欲しい時は七味をいれるといいでしょう。

のどに優しいドリンク

私のおばあちゃん直伝!アップルジンジャーティーを紹介します。

コーヒーや紅茶など、日頃から飲んでいるものではなくて、何か違うものが飲みたくなった時、あたたかくて、ほっと一息できる飲み物が欲しくなる時にぴったりです。

はちみつリンゴ生姜の三点セットがおすすめです。

《材料》

  • リンゴ     1/2個
  • 生姜      1/2片
  • はちみつ    大さじ1/2
  • 水       200cc

《作り方》

  1. リンゴと生姜をすりおろして、はちみつと一緒に中火で加熱する。
  2. 沸騰してきたら水を入れて、中火でひと煮立ちさせる。

   完成!!

食材の保存方法

いざとなった時に「冷蔵庫に何も入っていない」とならないように、日頃から冷蔵庫の中身を充実させておきましょう。

体が重たいのに、買い物に行くなんてできませんよね。

特に元気が出ない時なんかは、できるだけ楽をしたいものです。

また、一人暮らしをしていると食料の消費が遅くなるので腐らせてしまい破棄することもしばしばあります。

そこで、実際に私が実践している保存方法をお教えいたします。

味が変わらない! 野菜の保存方法

  1. キャベツ、白菜を使うであろう切り方でカットします。
  2. 沸騰したお湯に2分ほど茹でます
    (茎と葉の部分で分けて茹でると良いでしょう。)
  3. 水気をキッチンペーパーでふき取ります。
  4. 粗熱が取れたらラップに包んで冷凍します。
    (一回で
    使うだいたいの量で小分けをしておくと使用時に便利です。)

買いだめOK! お肉の保存方法

写真の手順で行います。

  1. お肉、ラップ、ジッパー付きの袋を準備します。
     (お肉の水気をキッチンペーパーでふき取ると冷凍保存可能です。)
  2. なるべく均等に広げて包むのがポイント
    (お肉同士が重なっていると解凍時間に差が出てきてしまい、お肉が固くなってしまいます。)
  3. 用途別にお肉を小分けにしてラップで包みましょう。
    (必要な時に必要な分だけ取り出せます。)
    (℗鶏肉などカットが必要な物は、切っておくと便利です。)
  4. 保存袋に入れてお肉の名前を書いておくと便利です。
    (何のお肉だったのか一目見て判断が難しい場合があります。)

ご飯が余る心配なし! ご飯の保存方法

ご飯は炊きあがった直後に冷凍するのがポイント!

炊きあがり後にすぐに保温になりますが、保温したご飯を冷凍すると美味しさが半減してしまいます。

用意する物はラップだけ!

お好みの量のご飯をラップで包んで冷凍します。

ここで、ご飯は平らにしておくと均等に冷凍・解凍をすることができます

例えば、おにぎりの形にして冷凍をすると、外側は温められているのに、中心は凍ったままになり、加えて加熱すると内側があったまったのに外側がぱさぱさなんてことにもなります。

こんな失敗にならないように!できるだけ短時間で均等に温められる平らに冷凍するのがいいでしょう。

まとめ

今回は、胃に優しい料理レシピとおばあちゃん直伝ドリンク、食材の備蓄方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

実家暮らしのバランスのいい食事に比べて、1人暮らしだと好きなものばかり食べて偏りのある食事になりやすいものです。

日頃のひと手間が、疲れて買い物にいけない時の助けになるので、食材の保存方法も実践しておくと自分自身が助かりました。

また、食材の破棄が減るので節約にもなりました。

毎日元気でいることが一番ですが、疲れた時こそ胃に優しい料理もぜひ作って食べてみて下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました。